画像:天童市の観光ガイド タイトル
天童のニュース(令和2年10月1日) (最終更新:2020年10月11日)

2020年10月1日(木) 天童市将棋資料館で藤井聡太二冠の色紙を展示中

画像:最高気温最高気温 20.8度 画像:最低気温最低気温 13.0度 画像:くもり天気:くもり)

 JR天童駅1階にある天童市将棋資料館では、藤井聡太(ふじい そうた)二冠が伝統工芸士 故・村川邦次郎(むらかわ くにじろう)氏・雅号「秀峰」(しゅうほう)に贈った四段時代の色紙を展示しています。きょう10月1日からは、GoToトラベルに東京発着が追加されました。ぜひ「将棋のまち」山形県天童市の天童温泉へ羽を伸ばしにお越しください。

2020年10月11日加筆
天童市将棋資料館の中は「写真撮影禁止」です。こちらの写真はPR用のものですのでご留意ください。

画像:天童市将棋資料館に展示中の藤井聡太二冠の色紙
天童市将棋資料館に展示中の藤井聡太二冠の色紙

画像:藤井聡太四段が贈った色紙2枚
贈られた2枚の色紙は「強くなる」と、21手詰めの詰め将棋

「強くなる」誓いの色紙 天童市将棋資料館 藤井二冠の直筆展示

駒師 故村川さん(村山)に贈った2枚

 将棋界史上最年少二冠となった藤井聡太王位・棋聖(18)の色紙が、天童市将棋資料館に展示されている。雅号「秀峰」として駒作り一筋に歩んだ故・村川邦次郎さん(71歳で死去、村山市楯岡大沢川)に贈られた2枚で、村川さん家族から貸し出された。したためられた「強くなる」には、藤井二冠と村川さんの思いがこもる。

 村川さんは晩年、余命が限られた病身でも駒を作った。2017年6月の竜王戦決勝トーナメントでその駒が用いられ、藤井二冠(当時四段)は公式戦29連勝の新記録を達成した。その後、村川さんが病床に伏せたことから、藤井二冠の師匠で交流のあった杉本昌隆八段(同七段)を介して色紙は贈られた。

 2枚の色紙には「強くなる」の言葉と、詰め将棋「二十一手詰」の盤面が書かれている。村川さんは常にベッドのそばに置き、「藤井さんはもっと強くなる。自分も病気と闘う」と言って、最後まで意志を強く持って闘病生活を送った。17年11月に他界した後は遺影のそばに置かれていた。藤井二冠はその後、色紙の言葉通り活躍を続ける。

 二冠達成を記念した展示を行おうと、将棋資料館は先月、村川さん家族に依頼し、快諾を得た。妻美知子さん(72)は「主人はこれに勇気づけられたことから、多くの人にも見てもらい、その人たちの力になったら喜ぶと思う。棋士を志す子どもたちの励みにもなればいい」と語っていた。展示は先月29日に始まり、隣接する将棋交流室に通う子どもたちも目にしている。

(山形新聞2020年10月3日 第28面より)
(関連ページ)
■天童のニュース:将棋
http://www.ikechang.com/news/news130.htm

画像:前へ前の日へ... 今月の見出しへ... 次の日へ...画像:次へ


「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 1997-2020 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang" All Rights Reserved.