画像:天童市の観光ガイド タイトル
天童のニュース(平成30年5月25日) (最終更新:2018年5月25日)

2018年5月25日(金) さくらんぼ、佐藤錦の最盛期は6月16日から20日ごろの予想

画像:最高気温最高気温 度 画像:最低気温最低気温 度)

 山形県は、5月22日に行ったさくらんぼの作柄調査の結果を公表しました。収穫の最盛期は、主力の佐藤錦(さとうにしき)が去年・平年より5日から1週間ほど早い6月16日から20日ごろ、紅秀峰も去年・平年より5日から1週間ほど早い6月27日から7月1日ごろになる見込みです。

 今年は桜の開花が早かったように、さくらんぼやリンゴなど農作物の花も例年より早く咲きました。何度か霜が降りたため「花芽は大丈夫かな?」と気になりましたが、大きな被害はなく、無事に成長を続けているようです。

[TUY]さくらんぼの作柄「平年並」

 おととい行われた、さくらんぼの作柄調査の結果が県から発表されました。今年は平年並みの予想で、収穫時期は平年より5日から1週間ほど早くなっています。

写真:青い実がなったさくらんぼ(TUYニュースより)

写真:さくらんぼ園地の調査(TUYニュースより)

 作柄調査はおととい、村山地域と置賜地域の48の園地で行われました。その結果、花束状短果枝(かそくじょう たんかし)という、実が着くごく短い枝の先端に平均1.9個の実がなっていたということです。これは、平年と同じ数で、今年は霜によるめしべが枯れるなどの被害が見られなかったこと、開花期の天候に恵まれたことなどから、各地とも十分な着果量が確保され、実の肥大も良好だということです。

写真:着果数の計測(TUYニュースより)

 予想収穫量は1万4100トン程度で、去年の97%、平年の102%と見込んでいます。

写真:さくらんぼの予想収穫量(TUYニュースより)

 また、収穫の最盛期は、佐藤錦が去年および平年より5日から1週間程度早い6月16日から20日ごろ、紅秀峰も5日から1週間程度早い6月27日から7月1日ごろと予想しています。

写真:さくらんぼの収穫最盛期(TUYニュースより)

 県では、着果量の多い園地では、摘果作業の早期実施、適切な着色管理、適期収穫など、高品質生産・出荷に向けて指導を徹底していくとしています。

(TUY「Nスタやまがた」2017年5月24日より)

[YTS]今年のサクランボ 作柄平年並み 収穫期早め

 県は、今月22日に調査したさくらんぼ作柄調査の結果を公表しました。今年の作柄は平年並みですが、天気に恵まれたため、収穫期は平年より5日から1週間ほど早まりそうです。

写真:さくらんぼ作柄調査(YTSニュースより)

 さくらんぼ作柄調査は、おととい県内の主要産地48園地で行われ、きのう関係者らが調査内容を詳しく検討しました。

県職員
今年の収穫量につきましては1万4100トン程度と予想され、昨年と比べ97%、平年比では102%となり、作柄は平年並みであります。

 今年は、さくらんぼのめしべが枯れるなどの霜による被害が少なく、実を付けた量が平年並みに確保されているということです。また、今年の雨の量も平年より多かった影響で、果実の大きさも良好だということです。

写真:青い実のさくらんぼ(YTSニュースより)

 こうした要因から、今年の収穫のピークは平年より5日から7日早くなり、佐藤錦は来月16日から20日ごろ、紅秀峰は来月27日から7月1日ごろと見込まれています。

(YTS「ゴジダス」2017年5月24日より)
(関連ページ)
■天童のニュース:サクランボ
http://www.ikechang.com/news/cherry.html
■山形県:平成30年産さくらんぼ作柄調査の実施について(外部サイト)
http://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2018/05/16085710/

画像:前へ前の日へ... 今月の見出しへ... 次の日へ...画像:次へ


「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2018 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang" All Rights Reserved.