画像:天童市の観光ガイド タイトル
天童のニュース(令和3年1月10日) (最終更新:2021年1月10日)

2021年1月7日(木) 王将果樹園「くだものじはんき」を設置

画像:最高気温最高気温 4.6度 画像:最低気温最低気温 -3.9度 画像:ゆき天気:ゆき)

 株式会社やまがたさくらんぼファームが運営する王将果樹園に、「くだものじはんき」が2020年12月25日に設置されました。国道48号を仙台方面に向かい天童市川原子(かわらご)地内に入ると、赤い丸が描かれた黄色い将棋駒の看板が見えてきます。

 「くだものじはんき」はコインロッカーのような形をしていて、24時間くだものを買うことができます。いまはリンゴ(サンふじ)、洋ナシ「ラ・フランス」、オリジナル割れおせんべいが入っていて、OPEN記念価格200円で販売されています。100円玉しか使えませんので、ご留意ください。

画像:国道48号沿いから見た王将果樹園の看板
国道48号を走ると、将棋駒に赤い丸が描かれた王将果樹園の看板が見えてきます

▲ページ先頭へ移動

画像:王将果樹園のくだものじはんき
国道48号から見える形で「くだものじはんき」があります

▲ページ先頭へ移動

画像:王将果樹園のくだものじはんき
王将果樹園の「くだものじはんき」青い空に赤い自販機が映えます

▲ページ先頭へ移動

画像:くだものじはんきの中のラ・フランスとりんご
「くだものじはんき」では、ラ・フランスやりんごが販売されています

▲ページ先頭へ移動

[山形新聞]旬の果物 手軽にどうぞ 果樹園に24時間の無人販売機

 天童市川原子の王将果樹園の駐車場に、24時間の無人販売機「くだものじはんき」が登場した。真っ赤なデザインの自販機が同市と仙台市の往来者に、一息入れるための旬の果物を提供している。

 同果樹園を運営するやまがたさくらんぼファーム(矢萩美智社長)が、ウィズコロナ時代の販売スタイルや、同園が課題としていた冬季・時間外の販売に対応した。季節に合わせて同園で生産した果物や、土産にもなる県産の加工品を販売する。計36ブースあり、100~500円の価格帯を用意する。

 現在はラ・フランスやリンゴ、せんべいの各商品が入り、オーブン特価で全て200円となっている。国道48号線沿いに目立つ自販機を置いた目的について、矢萩社長は「この辺の夜間は暗く、冬は何もなくなる。果樹地帯をPRしつつ、仙台に向かう人が立ち寄って休めるスポットにしたかった」と話していた。

(山形新聞2021年1月4日 第15面より)
(関連ページ)
■天童のニュース:商工業
http://www.ikechang.com/news/news150.htm

画像:前へ前の日へ... 今月の見出しへ... 次の日へ...画像:次へ


「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 1997-2021 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang" All Rights Reserved.