画像:天童市の観光ガイド タイトル
天童のニュース(令和2年3月17日) (最終更新:2020年3月20日)

2020年3月17日(火) 天童温泉協同組合、市内学童保育所にカレーを無料提供

画像:最高気温最高気温 9.5度 画像:最低気温最低気温 -1.3度 画像:くもり天気:くもり)

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、天童市内の小中学校では、政府からの要請に基づき3月3日(火)から休校になっています。このため、小学校低学年を中心に、天童市内の小学生は放課後児童クラブ(学童保育所)に通っています。天童温泉協同組合では「こんな時だからこそ助け合いたい」と、特製のカレーライスを無料で振る舞いました。

 卒業式の謝恩会や年度末の懇親会などが一斉にキャンセルされて、天童温泉そのものが今とても大変な状況です。新型コロナウイルスの騒動が落ち着いたら、ぜひ多くの人から天童温泉でゆっくりして欲しいと思います。

天童温泉 自慢のカレーさ 旅館料理人が調理 学童に無償提供

 新型コロナウイルスの影響で臨時休校が続く中、学童保育で過ごす児童の昼食をサポートしようと、天童温泉協同組合(山口敦史理事長)は16日、旅館料理人が腕を振るった特製カレーライスの無償提供をスタートさせた。4日間かけ天童市内25カ所の計約650人に届ける。

 同温泉は利用客が激減し厳しい経営状態が続くが、「こんな時こそ地域で支え合いたい」と、多くの保護者の悩みとなっている子どもの昼食のサービスを決めた。山口理事長は「子どもたちの笑顔を見ながら元気な天童温泉を取り戻していく」と話す。カレーはジャガイモやすりおろしニンジン、ひき肉を入れた甘口で、ローストビーフとブロッコリーを添えた。組合メンバーがカレーとご飯、使い捨ての容器を届け、学童保育所の支援員が配膳した。

 この日は、山口理事長ら8人が手分けし7カ所を回った。天童南部第5学童保育所では、天童南部小1〜4年生13人が「ありがとう」と感謝を伝え、うれしそうに味わった。3年小林龍人君(9)は「お母さんのカレーと同じくらいおいしい」とおかわりしていた。横山美和主任支援員は「臨時休校から2週間たって保護者の疲れも見えていた時期で、(保護者たちは)とても助かると喜んでいた」と話した。

(山形新聞2020年3月17日 第22面より)
(関連ページ)
■天童のニュース:天童温泉
http://www.ikechang.com/news/news970.htm
■天童のニュース:新型コロナウイルス
http://www.ikechang.com/news/covid19.html

画像:前へ前の日へ... 今月の見出しへ... 次の日へ...画像:次へ


「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 1997-2020 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang" All Rights Reserved.