画像:天童市の観光ガイド タイトル
天童の将棋駒(1) (最終更新:2002年2月10日)

将棋あれこれ: 将棋駒屋マップ / 将棋Q&A / 左馬の由来 / 将棋の歴史 / 7大タイトル戦
駒職人の方々: 木地師 / 書き駒 / 彫り駒 / 彫り埋め駒 / 盛り上げ駒 / 東京駒 / 天童駒
将棋駒の種類: 原木 / 押し駒 / 書き駒 / 彫り駒 / 彫埋駒 / 盛上駒 / 将棋盤

将棋駒の種類と値段

 将棋駒の値段は、次の3つの要素によって決まります。

  1. 将棋駒の種類押し駒書き駒彫り駒彫埋駒盛上駒
  2. 木地(きじ)の種類(どういう種類の木材が使われているか)
  3. 仕上げ方(生地の模様や色を揃える、など)

それぞれの条件について、一般的には次のような関係が成り立ちます。
値段の変わり方
値段が安い 値段が高い
駒の種類押し駒書き駒彫り駒彫埋駒盛上駒
木地の種類まき、ほお、はびろ、あおか、いたや シャムツゲ(外国産のツゲ) 本黄楊(ほんつげ・国産のツゲ)
仕上げ方駒によって色や模様がちょっと違うすべての駒で色と模様が揃っている

本黄楊(ほんつげ)で作られた、すべての駒の色や模様がそろえられている盛上駒の場合、100万円を軽く超える値段がつけられます。

<将棋駒については...>
天童市観光物産協会
山形県天童市本町2-1-1(パルテ2F)
TEL 023-653-1680 / FAX 023-653-1685
天童市将棋資料館
山形県天童市本町1-1-1(JR天童駅1F)
TEL 023-653-1690 / FAX 023-653-1685
※いずれも午前9時から午後6時まで

原木の種類

本黄楊(ほんつげ)
高級品用の原木。東京都の御蔵島(みくらじま)産や、鹿児島県の薩摩(さつま)産が多い。

シャムツゲ
中級品用の原木で、国外の黄楊(つげ)のこと。タイやカンボジア産が多い。

まき(マユミ)・ほお(ホオノキ)・はびろ(ハクウンボク)・あおか(ウリハダカエデ)・いたや(イタヤカエデ)
普及品から中級品用の原木。東北地方産が多い。

押し駒(おしごま・スタンプ駒)

お値段:1,000円ぐらいから

昭和の初めころから作られ始めたもので、将棋駒の木地に直接スタンプを押したものです。書いたり彫ったりしたものではなくて印刷したもの、と思っていただければよろしいかと思います。


書き駒(かきこま)

お値段:2,000円ぐらいから
書き駒
書き駒
大きな画像...(24KB)

 漆(うるし)で木地に直接文字を書いたものです。文字の書体には楷書体(かいしょたい)と草書体(そうしょたい)があって、伝統的な天童の将棋駒(天童駒)は草書体の書き駒です。

 草書体の書き駒は通称「番太郎駒」(ばんたろうごま)と呼ばれています。その名前の由来は、江戸時代にさかのぼります。江戸の町内には木戸番(きどばん)というのがあって、そこの番人を番太郎(ばんたろう)と呼びました。その番太郎たちが指す将棋のことを番所将棋(ばんしょしょうぎ)といい、そこで使わる安物の駒を番太郎駒とか番太駒と呼んでいました。

書き駒の中には、使う漆の色によって次のようなものがあります。


源平駒(げんぺいごま)
表に黒い漆、裏に赤い漆を使って文字を書く

咲分け駒(さきわけごま)
表の上の方に赤い漆、下の方に黒い漆、裏に赤い漆を使って文字を書く

朱書駒(しゅがきごま)
表も裏も赤い漆を使って文字を書く
咲き分け駒
咲き分け駒 (20KB)
大きな画像...(20KB)


画像:前へ「駒職人(天童駒)」へ <天童の将棋駒(1)> 「天童の将棋駒(2)」へ画像:次へ


「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C), 1997-2009 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang"