画像:天童市の観光ガイド タイトル
将棋Q&A (最終更新:2002年2月10日)

将棋あれこれ: 将棋駒屋マップ / 将棋Q&A / 左馬の由来 / 将棋の歴史 / 7大タイトル戦
駒職人の方々: 木地師 / 書き駒 / 彫り駒 / 彫り埋め駒 / 盛り上げ駒 / 東京駒 / 天童駒
将棋駒の種類: 原木 / 押し駒 / 書き駒 / 彫り駒 / 彫埋駒 / 盛上駒 / 将棋盤

1.王将と玉将の違い

 一説によると、将棋駒には、もともと「玉将」(ぎょくしょう)しかなかったようで、それがいつの間にか「王将」(おうしょう)も使うようになったようです。そのため、王将と玉将には実質的には違いがありません。ただ一般的には、目上の人が「王将」を使い、もう一方の人が「玉将」を使います。このことから、プロのタイトル戦などでは、タイトルを持っているかたが「王将」を使い、挑戦者が「玉将」を使うようです。先手・後手によってどちらが王将・玉将を使うということはありません。なお「相玉(そうぎょく)の駒」といって両方とも玉将の将棋駒もあります。

(参考文献:小学館「かならず強くなる将棋入門」)

2.先手と後手の決め方

 先手か後手かを決めるには、振り駒(ふりごま)をおこないます。

 振り駒は歩(ふ)を5枚取って、両手の中に入れてよく振って、将棋盤の上や畳の上に放り投げます。そして表側「歩兵(ふひょう)」の方が多い場合には、振り駒をした人が先手になります。裏側の「と金」(ときん)が多い場合には、振り駒をした人が後手になります。

 プロのタイトル戦では、記録係の人が上位者の駒から歩を5枚取って振り駒をします。そして、表側の歩兵が多い場合には上位者の先手になります。裏側のと金が多い場合には、上位者が後手になります。先手・後手によってどちらが王将・玉将を使うということはありません。

(参考文献:小学館「かならず強くなる将棋入門」)


※「話の内容が違っているよ!」という場合には、掲示板 でご連絡をいただければ幸いです。

前のページへ「将棋駒屋マップ」へ <将棋Q&A> 「左馬の由来」へ次のページへ

「天童市の観光ガイド」は個人が開設している天童市応援サイトです。リンクはご自由にどうぞ。
広告掲載など各種お問合せはWebサイトのご利用についてをご覧ください。

画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー 画像:バナー
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
このページに掲載されている文章や写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C), 1997-2009 Tetsuya TAKAHASHI and "Ikechang"